スポンサーリンク

海外でも日本の「自転車ヘルメット」「義務化」が話題に。

blog

自転車ヘルメットは「努力義務化」されますが、

 

自転車ヘルメットは努力義務に。
うーむ。 平然と述べてますが、今時点では一部地域か、特定層にしか努力義務はありません。 努力義務 現状、一部自治体では独自の条例により、自転車ヘルメットの努力義務が明記されていますが、道路交通法上は児童と幼児にのみ、努力義...

 

なぜか海外でも話題になる模様。

 

Japan to make cycle helmets compulsory for all cyclists from next April
All riders will be required to wear a helmet from 1 April – but there will be no sanction for not wearing one

Japan to make cycle helmets compulsory for all cyclists from next April

blank

ガッツリと「義務化」として報道されてますが、罰則がない義務という話。

 

ていうか、今さら何を騒ぐのやら笑。
そんなに重大ニュースだと捉える話なのかはかなり疑問。

 

実際のところ、努力義務なので何も変わりはしないし。

 

私が思うに、自転車ヘルメットって主に単独落車みたいな転倒事故に備えるものくらいにしか思ってなくて。
一応、こういう実験もあります。

「ヘルメットあり」のHICが300以下だったのに対し、「ヘルメットなし」では、生命に危険を及ぼす 900近くになった。停止時の転倒でも、ヘルメットを着用していないと約3倍もHICが高くなる。

HIC:頭部損傷基準値。衝突や転倒による衝撃が脳に及ぼす影響度を示す目安。

幼児ではHICが570以上の場合、頭蓋骨骨折となる可能性がある。
HICが700~2,500になると死亡する可能性がある。

 

自転車の単独・転倒事故の危険性(JAFユーザーテスト)
自転車で事故が起きても、車やバイクと違って速度が低いため、軽傷で済むと思われがちです。そこで、自転車の単独および転倒事故を想定した実験で、その危険性を検証しました。JAFユーザーテストは、JAFが独自に実施しユーザーの疑問に答える実験、検証です。

車に轢かれてもヘルメットがあれば安心♪なんて考える人がいるのかは謎ですが、ヘルメットは事故を減らす役目ではなくて、事故時の怪我の程度を軽減するもの。
当たり前ですが、こういう事故については、

 

なぜサイクリストは点滅ライトを使うのか?
時々、というよりもまあまあよく聞く話。 この問題を掘り下げていきます。 念のため書きますが、点滅ライトは違反ではありません。 なぜサイクリストは点滅ライトを使うのか? そもそも、なぜサイクリス...

 

そもそも、ドライバーがきちんと前方注視してくれ。
こんなもんに備えるためにヘルメットを被るわけではない。

 

ちょっと前の話なんですが、歩道を歩いていたら前方にいた自転車(高齢者)が何もないところで突如転倒。
微動だにしなくなって、たまたま歩道にいた人で救急車を呼んだのですが、あれは何らかの理由で意識を失ってから倒れたのか、それとも何らかの理由で転倒したはずみで頭を打って意識を失ったのかはわからず。

 

後者であれば、ヘルメットしていりゃ違うのかもしれません。
そもそもなぜ転倒したのかは不明。

 

けど、自転車の無謀運転による転倒に備えるためにヘルメットを被るのも違うと思う。
ちょっと前にも書いたけど、

 

blank
歩道の段差で転倒する自転車…
自転車あるあるなのかもしれませんが、先日、車道から歩道に乗り上げる際に盛大に転倒する自転車をみました。 車道から歩道に乗り上げる際に盛大に転倒する自転車 赤の角度で自転車が進行し、前輪がうまく段差に乗らずに転倒。 そりゃ、タイ...

 

段差におかしな角度で無減速進行すりゃ、転ぶでしょ…
まあ、人間のやることに「絶対」はないので、そういう意味ではミスに備えるためにヘルメットとも考えられる。

必要性は自分で考えて

blank

努力義務なので、ヘルメットの必要性については各自が考えるしかない問題。
ロードバイクに乗るのにヘルメットを被ることは強く推奨しますが、もはや常識化しているので特に言うこともない。

 

ちなみに以前挙げた判例、歩道通行自転車がノールックで車道にアタックした結果、ロードバイク乗りの方が言語障害や片半身の麻痺になった事故ですが、

 

先日の判例についてちょっと補足。
先日挙げた判例なんですが、 ちょっと補足。 なぜ車道ロードバイクにも5割の過失が付いたか まず、事故の前提から。 ・原告(ロードバイク)は車道を通行していた。 ・被告(自転車)は歩道を通行していた。 ...

 

加害者側からは、「ノーヘル」が過失だと主張されていますが、理由はよくわかりませんが「ヘルメットを被っていたかどうか明らかではない」としています。
なぜ明らかではないのかよくわかりませんが、ノールックアタックに備えるためにヘルメットを被るわけじゃないので、ノールックアタック自体を何とかしてくれ。

 

まあ、「人間のやることに完璧なんてない」という見方も出来ますが、この事故については明らかに「防げる事故」。
ヘルメット被れば無敵ではないし、個人的にはヘルメットを激押しする暇があるなら自転車の違反を取り締まってくれと思うのですが、現実問題としてはノールックアタック、信号無視、逆走などによって被害を受けるのは車道を正しく通行している自転車。

 

そんな無法者のアタックに備えるためにはヘルメット♪ではないはずだけど…
判例見ていると、想定外なトリッキーなプレイをした自転車による被害ってまあまあ見かけるのよね。

 

自転車乗りが実刑になるケース。
自転車乗りが何らかの事故を起こしたときに、例えば歩行者が死亡したとしても執行猶予付き判決になるのが多いです。 これは車の事故でもそうですが。 ただまあ、実刑判決になった判例もあります。 自転車乗りが実刑判決 判例は大阪地...

 

逆走自転車と衝突した自転車が安全運転義務違反&重過失致傷!?
以前から逆走自転車問題については何度も書いてますが、逆走自転車との距離があるときには、左端に寄せて停止して待ったほうがいいよと書いてきました。 今回の判例は逆走自転車と順走自転車の衝突です。 順走自転車が犯罪...

 

自転車がノールックで歩道→車道に降り、車道のオートバイが転倒。
ロードバイクに乗って車道を走っているときに、歩道からノールックで車道に降りてくる自転車。 「ノールック車道降臨事件」と私は呼んでます。 なんでああいう自転車って、振り向いて右方確認するという人類にとって当たり...

 

こういうのに対して備えるためにヘルメットを被る…のですかね。
想定外の位置からアタックをキメるのは何とかならないのでしょうか?

 

海外でも日本のヘルメットが話題になるくらい注目案件なのかわかりませんが、海外ではノールックアタックってどれくらいいるのでしょう?


コメント

  1. blank のぶ より:

    職場にロードバイクで自転車通勤していますが
    ちょっと大き目な職場ですので、
    コンプライアンス的に今後ヘルメットの着用を言い渡される気がしています

    年に1度、自転車通勤者に対して講習会を行っている所ですし
    (自動車教習所の講師に「自転車は外側線の左を走れ」と言い放たれましたけどね)
    (講習会が終わった日に堂々と坂を逆走して降りていく人たちばかりですけどね)
    (朝ヘルメットを被って坂を上がって通勤して、帰りにハンドルにヘルメットをぶら下げて坂を降りて帰る人がいる所ですけどね)

    まぁ・・・関心が無ければ、そんなもんですよね

    • blank roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      まあ、コンプライアンスという便利な言葉も、時には考えモノな気がします。
      自転車のルールについては、まともに教えることが可能な人材がいないところにも問題がありますよね。

タイトルとURLをコピーしました