スポンサーリンク

Wilier Cento1NDRとCento10NDRはリム・ディスク両方対応の二刀流フレーム。

2023年モデル

ちょっと前に、リムブレーキ車を魔改造してディスクブレーキ化した話を紹介しましたが、

 

カンチブレーキをディスク化。やはりする人がいる。
ちょっと前にこんなの書きましたが、 やはりやる人はいらっしゃる。 カンチブレーキをディスク化 前回記事はカーボンフォーク前提だっだのでフォークごと交換しないとリムブレーキ→ディスクブレーキにはできませんが、...

 

blank
リムブレーキ用フォークに溶接したディスク台座の話。
先日の件。 リムブレーキ用のクロモリフォークにディスク台座を溶接してもらったとの話ですが、どんな仕上がり具合なのか見たいという声がありましたので、無理をお願いして画像を頂きました。 クロモリフォークに溶接した...

 

まあ、クロモリフォークだから出来る技。
ちなみにWilierには一つのフレームでリムブレーキとディスクブレーキの両方に対応するという珍しいものがあります。

スポンサーリンク

Wilier Cento1NDRとCento10NDRはリム・ディスク両方対応

WilierのCento1NDRとCento10NDRはリム・ディスク両方対応の二刀流フレームになっています。
もう何のこっちゃレベルの話ですが、フレーム&フォークにはフラットマウントのディスクブレーキ台座があり、リムブレーキ(ダイレクトマウント)も取り付け可能。

 

フレーム&フォークのエンド部分が交換式になっていて、別売のスルーアクスルキットを買えばディスクブレーキ化できるという、かなり珍しいフレームです。

blank

blank
Cento1NDR | ウィリエール オフィシャルサイト

完成車販売は、リムブレーキ完成車とディスクブレーキ完成車があるという充実(?)ぶり。

 

○Cento1NDR

blank

blank
Cento1NDR | ウィリエール オフィシャルサイト
コンポ 値段(税込)
フレームセット 341000円
ディスクブレーキ完成車 アルテグラDISC Di2(12s) 632500円
105 DISC Di2(12s) 550000円
105 DISC(11s) 451000円
リムブレーキ完成車 アルテグラ Di2(12s) 588500円
アルテグラ(11s) 456500円
105(11s) 412500円

○Cento10NDR

コンポ/ホイール 値段(税込)
フレームセット 440000円
ディスクブレーキ完成車 アルテグラDISC Di2(12s) 682000円
リムブレーキ完成車 アルテグラ Di2(12s) 654500円
アルテグラ(11s) 533500円

リムブレーキ完成車を購入後、専用のスルーアクスルキットを買えばディスクブレーキ化が可能。
とは言え、ホイール買い換えてコンポも一部買い換えてになるので、リム→ディスクブレーキに換装する人がどれだけいるのかについては果てしなく謎ですが、一般的なフレームならリムブレーキ→ディスクブレーキ化はノーチャンスのところ、一応は可能という点がメリットなんですかね。

 

理屈の上では、フロントだけディスク化みたいなことも可能。
その需要があるかないかは別として。
フロントだけディスク化して制動性と軽量性のバランスを追及するみたいな人が世界のどこかにいるのかもしれないし、いないかもしれないです笑。

 

ディスクブレーキにしても、ワイヤー引きディスクブレーキならリムブレーキ用のレバーをそのまま使えたりしますし。
ていうか、一部ではワイヤー引きディスクブレーキのほうを勧める方もいますよね。

 

油圧ディスクのレバーの重さを嫌って。


リムディスク二刀流

ロードバイクではなくクロスバイクですが、センチュリオンのクロスライン30はVブレーキ仕様ですが、実はフォークにディスクブレーキ台座がついていたりします。


これはだいぶ前からそうだったはずですが、二刀流ですかね。
ロードバイクでも、ディスクブレーキ初期の頃に二刀流フレームが何かあった気がしますが、たぶん現存する二刀流フレームってWilierくらいじゃないかと。

 

現実問題として、二刀流だからリム⇔ディスクで切り替えて使う需要があるかないかはなんとも言えませんが、一応はこんなものもあるにはあると言うことで。


コメント

タイトルとURLをコピーしました