PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

シマノが新コンポ「CUES」発表。ティアグラ以下廃止の予兆か?

blog
スポンサーリンク

シマノが新コンポ「CUES」を発表しました。
従来のコンポとは大きく異なる点がありますが、ちょっと疑問も。

スポンサーリンク

シマノの新コンポ「CUES」

SHIMANO CUES | SHIMANO BIKE(自転車部品)-日本
SHIMANO CUES is the revolutionary new brand developed to confidently enhance the riding experience.

とりあえずはフラットバー用コンポだけになりますが、CUESの中には4つのシリーズがあります。

シリーズ スピード
U8000 11速
U6000 11速
U6000 10速
U4000 9速

何が従来のコンポとは違うかというと、これらのシリーズで使われるチェーンが全て同じ。
「CN-LG500」という単一のチェーンで9~11速までカバーすることになる。
リンググライドという新しい技術を採用してますが、従来のHYPERGLIDEとも互換性があります。

 

従来気にしなければいけなかった「リアスピードによる互換性の有無」が制限撤廃みたいなイメージになりますね。
ただし、CUESシリーズの全てのパーツが9~11速対応ではない。

 

例。
クランクだけを見てみます。


https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/cues-u4000/FC-U4000-2.html

クランク 歯数 対応スピード クランク長
FC-U8000-2 46-32T 11速 170、175
FC-U8000-1 40T、42T 9~11速 170、175
FC-U6000-2 36-22T, 46-30T 9~11速 (36-22T)

9、10速 (46-30T)

170、175
FC-U6000-2B 36-22T 9~11速 170、175
FC-U6010-2 46-32T 11速 170、175
FC-U6000-1 30T, 32T, 40T, 42T 9~11速 170、175
FC-U4000-2 36-22T, 40-26T 9~11速 170、175
FC-U4000-2B 36-22T 9~11速 170、175
FC-U4010-2 36-22T 40-26T 46-30T 9~11速 (36-22T, 40-26T)

9、10速(46-30T)

170、175
FC-U4010-2B 36-22T 9~11速 170、175
FC-U4000-1 30T, 32T, 40T, 42T 9~11速 170、175

全てが9~11速対応ではないので、むしろ分かりにくくなってないか?笑
フロントシングルの歯数がまあまあ多い点は評価しますが。

 

なおこれらのクランクはCUES用のリンクグライドチェーンのほか、HG11速チェーンも使用可能。
2Bについては、チェーンラインなど違いがあります。

FC-U4010-2 FC-U4010-2B
Qファクター 178 mm 178 mm
チェーンライン 48.8 mm 51.8 mm
O.L.D.|スルー (mm) 148 148
O.L.D.|QR/ナット (mm) 135 141

ディレーラーについても、対応スピードはこちら。

トップ最大、最小 ロー最大 ロー最小 対応スピード
RD-U8000(シングル) 11T 50T 50T 11速
RD-U8020 11T 48T 45T 11速
RD-U6000(シングル) 11T 50T(11s) 48T(10s) 10、11速
RD-U6020-11 11T 48T 45T 11速
RD-U6020-10 11T 39T 39T 10速
RD-U4000 11T 46T 41T 9速
RD-U4020 11T 36T 36T 9速
RD-U3020 11T 36T 36T 9速

フロントディレーラーもこんな感じ。

フロントディレーラー 対応スピード
FD-U8010-L 11/10
FD-U6000 11/10
FD-U4000 10/9
FD-U4010 9

今までの慣例に慣れすぎて分かりにくく感じてしまうのか、単純に分かりにくいのかは謎ですが、チェーンが11速用で共通以外は調べないとわからないシステムのようです。

チェーンが共通でも

チェーンが共通というメリットはあるにせよ、細くなれば耐久性が落ちるというのも定説。
9速は9速のチェーンのほうが耐久性やコスト的には有利な気もしますが、あれですかね?

 

チェーンの種類を減らすことで製造コストを下げて、製品価格も下がるとか?
あんまり期待できない気がしますが。

 

互換性に幅を持たせた点や、シングルやら選択肢が広がった点は評価できるのですが、ロードコンポもティアグラ以下は再編されていくのですかね。
シングルのクランクは歯数がまあまああるので、ロードバイクでもうまく活用出来そうな可能性は広かったと言っておきましょう。

 

まあ、互換性なんてある程度はなんとかなるもんですが。
ちなみにブレーキシステムは全て油圧ディスク。


コメント

  1. カモがネギしょってる より:

    >チェーンの種類を減らすことで製造コストを下げて、製品価格も下がるとか?

    チェーンが共通ならチェーンリングやスプロケットも共通化できますから旨味はあると思います。
    今まで供給していた5~8速チェーンとかの旧規格も廃止できますし。
    コストを下げれば利幅が大きくなりますから。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      利幅は出ても消費者にメリットが出るかはまた難しいような気がしてます。
      互換性も分かりにくいような…

  2. Taku より:

    互換性もですが、グレートによる性能差がよくわかないですね。

    特にシングルのクランクは何が違うのでしょう。。。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      なんかサイトを見てもちんぷんかんぷんです笑。
      値段が高いほど何かが優れているはずですよ笑

  3. かんな より:

    MTBだと下位グレードが同じ名称で何速の何ってなっているので、そういう形になるのだと推測。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      確かに8速アルタス、9速アルタスみたいになってますもんね。
      分かりにくいだけにも思えますが…

タイトルとURLをコピーしました