PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

[2024]ビアンキのOLTRE RACEは機械式105(12s)で51.7万。

2024モデル
スポンサーリンク

ビアンキから登場したOLTRE RACEですが、

 

[2024]BIANCHI OLTRE RACE。なぜ突如新型オルトレ?
昨年、ビアンキがエアロボリューションと称してオルトレRC、オルトレプロ、オルトレの3つを発表しましたが、 なぜかここにきて、「OLTRE RACE」という新しい車種を発表しました。 OLTRE RACE 新しく登場したオルトレレースですが、...

 

日本での販売価格は、機械式105完成車で51.7万だそうな。

スポンサーリンク

OLTRE RACEとは

突如OLTRE三兄弟のさらに下に登場したOLTRE RACEですが以前も書いたように、

 

ビアンキの「OLTRE RACE」と「ARIA」は同じ?
先日発表されたビアンキの「OLTRE RACE」についてですが、 確かに「OLTRE RACE」と「ARIA」は、フレーム形状が同じに見えます。 実際のところ、どうなのでしょうか? オルトレレースとアリアの違い 確かにオルトレレースとアリア...

 

Oltre Race - 105 Di2 12sp
Oltre Race - 105 Di2 12sp

BIKE DETAIL - bianchi

ケーブルがフル内装化した点では違いがありますが、フレームのシルエットは同じに見えるし、

 

なんといってもジオメトリがOLTRE RACEとARIAで同じだったりする。

 

○オルトレレース

○アリア

同じジオメトリを持ち、似たようなフレーム形状。
カーボンのグレードが違う可能性があるためなんとも言い難いところですが、雰囲気的にはアリアがフル内装化してオルトレに変身したみたいな感じに近いのかもしれません。

 

アリアもエアロ形状ですし。

 

ただし、オルトレレースとアリアの関係性についてはさすがに公式サイトでは書いてありません。

納品開始は2024年2月以降

オルトレレースですが、今注文して納品開始は2024年2月以降を予定だそうな。
アリアとの本当の関係性はよくわかりませんが、シルエットとジオメトリは同じです。

 

オナメトリです。


コメント

  1. かたさん より:

    うう、何もかも高すぎて、庶民には、、、。

    ケーブル内装、
    12速、
    ディスクブレーキ、
    電動変速。

    この辺は自分は興味ないです。

    というか、貧脚、安全運転、競争心ゼロ、握力60キロ以上なので、たぶんそれらはメリットが無い。

    記事のような新製品を見るたびに、置き去り感しかしません。

    でも、100キロ以上走ることもあるし、乗り味や軽さは結構わかるし、こだわりポイントは追い求めたいです。

    まず、ホイールRS100を卒業したいです。アルミの中級で良いのですが、それでも10万近くかかりそう。金銭的に厳しいです。

    メーカーさん、コロナ景気で調子に乗って、在庫がダブついてそうです。ブランド物なのでダンピングは無いでしょうが、値下げするかしないかのチキンレースは既に始まっていると見て、今は何も買いません。

    円安と日本の低賃金、シマノの寡占は当面変わらないので、待っても値下がりしないでしょうか?

    まあ、お金を用意するという手もあるので、仕事頑張ります。
    宝くじを買うのはやめておきます。

    毎日楽しく、記事拝見しています。。。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      >記事のような新製品を見るたびに、置き去り感しかしません

      わかります笑。
      違う世界の話なんじゃないかと思うことすらありますが、私からするとある種の目の保養みたいな感覚で新製品を眺めるのでいいのではないかと思います。

  2. まさ より:

    コメント失礼します。

    前提としてテクノロジーの進化を否定するわけではありません。
    しかし、それは造り手のエゴではダメだと思いますし、ユーザーに届かなければ意味はないと思います。

    例えば、ロードバイク買って5~6年乗ってそろそろ買い替えたいと思った時に、同クラスのバイクでも値段が1.5倍になってたり、ちょっと上のランクを…とか思ったら余裕で倍以上の値段だったりすると、今のバイクを大事に乗ろう…と思う人が多いと思います。

    まぁ、シマノも海外ブランドも30年給料が上がらず、デフレが続く日本のマーケットなんてなんとも思っていないのでしょう。

    私は今のバイクを大事に乗ります。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      進化なのか、進化に見せかけた話なのか、その進化はユーザーに必要なのか、は全て別問題なのかもしれません。

  3. かたさん より:

    確かに、新製品を眺めるだけでも楽しいですね。

    地元の岡山市は恵まれていて、S1NEO国内唯一のお店があったり(敷居が高いので行きませんが)サイクルzというすごく良いお店があるんです。
    ほぼ全車試乗させてもらえるという夢のパラダイスです。100万超えの自転車でもです。
    GIOSのLEGGEROは、めっちゃ良かったですよ。軽いし、加速感も良いのに、よくあるエンデュランスモデルより乗り心地が優しい感じです。最近までは、乗り心地ではこれが最高だと思っていましたが、先週乗ったデローザ838だけは更に良かったです。
    路面追従性が抜群で、段差での突上げが超優しいのに、加速感も軽いし、鉄みたいな伸びもちょっと感じました。同じ日に乗ったSETTANTAという300万近いのは、高級車にありがちなゴチゴチのレーサーで、乗って10mくらいで嫌になってUターンしました。あれでサイクリングしたら疲れて楽しくなさそうです。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      そんな試乗できるショップがあるとは…いろんな意味で衝撃です。
      なかなか試乗できないものもありますしね。

    • まさ より:

      横からコメント失礼します。

      そんなショップがあるなんて羨ましい。。
      インプレもありがとうございます。

      私が住む大阪も違う意味で恵まれており、新車が安く買えるショップが多くあります。
      ちょうど、文中に出てきた2台が安売りの王者ウエパーでセール価格です。
      LEGGEROのアルテグラDi2完成車と838のCHORUS完成車がほぼ同じ値段でどちらも40万を切っていますよ。
      1台どうですか?

  4. かたさん より:

    うう、正直838の感触には、惚れてしまいました・・。
    でも、上にも書きましたが、まずは仕事頑張って、ホイール履き替え目指します。

    インプレと言っても大した知識はないので、お恥ずかしい。

    サイクルzさんはお客さんに講習会やライドイベントも無料で提供して下さり、今日も早朝から開店前まで楽しく遊んでもらいました。

    そこのお店を通して作れるオーダーフレームの鉄バイクがこれまためっちゃ良くて、それに乗って輪行であちこち巡るのが夢です。

  5. かたさん より:

    roadbikenavi さま

     高額車や高額ホイールの試し履きは、メーカーの貸与品みたいです。お店の在庫品は、誰がどれだけ試乗したか不明ですが、どれもきれいです。組んだばかりのSCOTT FOIL RC 30を「半日くらい乗ってきても良いですよ。」といわれたこともありますが、遠慮しました。見込み客でもないし、もしコケたら大変です。
     購入時には、バーテープやケーブルライナーを好みのものに変えてくれたり、ハンドルの幅や高さサドル、ペダル、ステム長なんかも、体格や乗り方に合わせて無償でカスタマイズしてくれました。嫁さんの方は小傷があったのでお願いすると、きれいにタッチアップしてくれましたし、自分の方は1年旧モデルだったので、大幅値引してくれました。その後各種調整やタイヤの振れ取りとかも、工賃を請求されたことがありません。
     なので、ウェアや小物なんかも、ネットよりお店で購入しようという気持ちになります。その方が失敗もないし、自分に不要なものは購入に反対されるので、結局得なんです。
     初心者(女性も)を大勢集めて遊びながら100kmも引っ張ってくれたり、プロレーサーのグループ指導もあったり。フィッティングを含めた個人指導はさすがに有料ですが。初めてビンディングペダルに変えたときも、安全対策や使い方、練習方法を店員さんが付きっきりで教えてくれました。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      メーカーの貸与品ですか。凄いですね。
      よほど代理店と関係がいいのでしょうか。

      なかなかそこまで試乗できるショップはないので羨ましいです。
      あと申し訳ありませんが、広告みたいになりかねないのでショップ名はなるべく伏せていただけると助かります。

タイトルとURLをコピーしました