PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

ビアンキのクロスバイク、C-SPORT 2のフレーム形状。

2023年モデル
スポンサーリンク

ビアンキのクロスバイク、C-SPORT 2について質問を頂いたのですが、これ。


https://www.japan.bianchi.com/bike-detail?id=63

読者様
読者様
ブラックだけトップチューブが下がっているのかと思ったのですが、同じブラックでも普通のフレーム形状もあるようなので混乱しています。

という話。

スポンサーリンク

ビアンキのC-SPORT 2のフレーム形状

これについてですが、「フレームサイズ43」についてはトップチューブが下がっている形状(STEP THRU)で、それ以外のフレームサイズについては普通のフレーム形状になります。

 

つまりこの形状は、フレームサイズ43のみ。

ビアンキの本国サイトを見ると、C-SPORTには「C-SPORT」のほかに「C SPORT STEP THRU」というモデルがありまして、C SPORT STEP THRUについてはトップチューブが下がっている形状です。
要はこれ、女性でも乗りやすくしたモデルで、本国サイトでは「STEP THRU」はサイズ43以外にもあります。
日本ではサイズ43のみをSTEP THRUにして、ほかのサイズはノーマルバージョンにしている模様。

 

あと結構注意なのは、フレームサイズ次第でトップチューブの傾きがまるで違うことがありまして、フレームサイズが大きくなるとトップチューブは水平に近くなるけど、フレームサイズが小さくなるとだいぶ印象が変わります。
どうしてもフレームサイズが小さくなればスローピングがきつくなるのは仕方ない。

これはロードバイクでもそうだけど、カタログ画像って見栄えがいいフレームサイズのことが多い。
なので小さめサイズを買う人は、ショップで確認してイメージを確かめて買ったほうがいいと思いますが。

まあまあある話

ちなみに「STEP THRU」についてはヨーロッパのブランドの本国ページを見ると、だいたいはノーマル版とSTEP THRU版に分かれてます。
例えばこんな感じ。

 

Winora Trekking Bikes | Adventurous All-Rounders
A Winora trekking bike brings out the best in each one of your trips into the great outdoors. What are you waiting for? ...

 

同じ「ドミンゴ12プロ」という車種でもMENとWOMENで全く違う形状。
日本だとこういう形で男性用、女性用みたいな分け方をしてない気がしますが、ヨーロッパの自転車はよくある話。

 

ノーマルなフレーム形状をイメージして注文してトップチューブが下がっている自転車が来たらビックリしちゃうので、こういう自転車はショップでちゃんと確認して買うのがベスト。
イメージが全然違うので。


コメント

タイトルとURLをコピーしました