PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

空気入れタイムトライアル…競わなくていいですよ笑。

blog
スポンサーリンク

先日書いたこちらですが、

携帯ポンプの「ローディーTT」でタイムトライアルしてみた。
携帯ポンプのローディーTTってまあまあ使っている人が多い印象ですが、 と聞かれると、よくわからない。 体感的には5分はかからないレベルと思ってますが、実際に測ってみました。 トピークのローディーTTでタイムトライアルしてみた タイヤは23c...
読者様
読者様
僕も負けてられないので試してみました。管理人さんと同じ1:58にタイマーをセットして頑張ったら4.8barまで行きました。僕の勝ちですよね。高速ピストンをしたのでだいぶ息が上がりました。

えっ…なんて無駄な勝負をしてくるのでしょうか笑。

スポンサーリンク

競ってない笑

負けて悔しいので負け惜しみではありません。
競ってません笑。

あんまりムリするとバルブに負荷がかかるので、無駄に競わなくて大丈夫です。
負けて悔しいので負け惜しみではありません(2回目)。

 

競うならCo2相手に勝利してみてください。
負けて悔しいので負け惜しみではありません(3回目)。

 

ところで。

延長チューブの有無で変わるかも?

トピークのローディーTTはバルブに直接接続しますが、いわゆるお助けチューブを使えない(厳密にいえば工夫すれば使える)ので敬遠する人もいるらしい。
たぶんそういう人はLANDCASTのポンプ+延長チューブのほうがいいのかも。



直接接続するタイプはバルブ付近を片手で抑えながらじゃないと不安定ですが、そもそも、携帯ポンプでムリしてタイムトライアルとかしないほうがいいと思いますよ。
負けて悔しいから負け惜しみではありません(4回目)。
全力ポンピングしたところでバルブに負担が掛かるだけで何のメリットもないし、炭酸ガスのスピードには勝てませんし。

 

パンクしたときは、携帯ポンプはチューブを膨らます程度にのみ使って、あとは炭酸ガスのほうがいいと思いますが。

負けて悔しいからではなくて、人力では炭酸ガスに勝てないのですよ。
なぜか炭酸ガスを毛嫌いする人もいますが、炭酸ガスには勝てません。

 

携帯ポンプをストロークするときは、優しく丁寧にやりましょう。
無駄なエネルギーを消費するだけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました