MAVICのキシリウムプロSLはコスパがいい万能ホイール

MAVICのホイールを愛用している人はとても多いですが、比較的低価格ながらも反応性と軽量性に優れるホイールを挙げるならば、キシリウム プロ SLでしょう
今回はこのホイールを解説していきます。
kisiriumu_

キシリウム プロ SLのスペックを

n811_higewoijirudansei_tp_v

キシリウムプロSLは、一本だけ入っているイエローのスポークが特徴的です。

カッコいいですよね。

kisiriumu_

Mavic【マビック】Ksyrium Pro SL Clincher Road Wheelset

まず、マヴィックのホイールは、タイヤとチューブが勝手についてきます
タイヤとチューブは要らないからマケテくれ!とお願いしても無駄です。
私はマヴィックのホイールがお気に入りですが、正直タイヤとチューブは要らないです・・・

厳密にいうと、ついてくるタイヤってそれほど悪いものではありませんし、タイヤだけを買うと結構高いです。
ですがタイヤって好みがハッキリ分かれるパーツなんで、お気に入りのタイヤを使いたいです・・・




スペックはこんな感じ。

重量 F600g、R795g

ペア1395g

リムハイト F24mm、R26mm
スポーク素材 アルミ(ジクラル)
スポーク本数 F18,R20
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ
タイヤ イクシオン プロ 25c

210g

これはアルミリムのホイールの中では軽量なほうです。
ISM 4D という新しいリムになり、リム重量は410g程度と軽い。
またリムテープは不要です。

このホイールの大きな特徴ですが、ジクラルスポークを採用しています。
つまりはアルミスポークです。

アルミスポークのいいところは、スチールスポークよりも変形量が少ないため、ホイールの剛性が上がります。
つまりは踏み込んだ時にホイールのたわみが少なく、踏み込んだパワーがダイレクトに伝わる感じです。
加速時にも俊敏に反応するホイールで、乗っていて楽しいホイールです。

ちなみにデュラエースC24やゾンダなどはスチールスポークです。

よく、マヴィックのハブは回転が悪いなどと言われますが、それには理由があります。
マヴィックのハブに関する記事はこちらから。

キシリウムプロと、キシリウムプロSLの違い

ozpayatta_tp_v

これの違いは、リム幅くらいです。
キシリウムプロはリム幅17mmとワイドリムで、タイヤは25c。

リム幅17mmのキシリウムプロは、23cタイヤは不可です。

キシリウムプロSLはリム幅15mmでタイヤ幅は23cが可能。

(ただし付属するタイヤは25cです)

最近ワイドリムが定着しつつありますが、一般人の脚力ではワイドリムは正直不要に感じます。
デメリットが多いので、キシリウムプロSLのほうがいいでしょう。
ワイドリムについての見解はこちらから。



対抗馬はレーシングゼロ

lig86_tukamiaubiz_tp_v

同じアルミリム+アルミスポークといえば、フルクラムのレーシングゼロがあります。
レーシングゼロとキシリウムプロSLでは、ほぼ同じレベルです。
マヴィックのほうがリムの精度はよく、ブレーキがガツンと効くのもいいところです。

ヒルクライム用にデュラエースC24を買う人も多いですが、キシリウムのほうが走った軽さは上です。
自信を持ってお勧めできるホイールですね。

マヴィックのホイールはなかなか割引になりづらいのですが、サイクリングエクスプレスで見ると2017年2月現在で84,999円と大幅に割引になっています。
こういうチャンスにいいホイールを手にするのがいいでしょう。

Mavic【マビック】Ksyrium Pro SL Clincher Road Wheelset

キシリウムプロSLは2017年で廃止に

<2017年10月追記>
マヴィックのホイールは、2017年より(2018年モデル)原則としてチューブレスホイールに生まれ変わります。

MAVICが新しいロードチューブレスを開発!これは期待できるかも。

これによりキシリウムプロSLとキシリウムプロは廃止になり、【キシリウムプロUST】となります。

マヴィックのロードチューブレスシステムには【UST】という名前がついていますが、これは原則としてワイドリム化されます。
なのでキシリウムプロSL(ナローリム)が廃止で、キシリウムプロがチューブレス化するようなイメージです。

キシリウムプロUSTのスペックはこちら。

重量 F605g、R815g

ペア1420g

リムハイト F24mm、R26mm
スポーク素材 アルミ(ジクラル)
スポーク本数 F18,R20
対応タイヤ チューブレス、クリンチャー
23cタイヤ X(25c以上)
タイヤ イクシオン プロ UST

260g

もはや大手のホイール(カンパ、フルクラム、マヴィック)は原則としてワイドリム化してしまうため、ナローリムホイールはなくなります。
なので23cを使いたい人は、今のうちにキシリウムプロSLを買ってしまうのもアリかと。

Mavic【マビック】Ksyrium Pro SL Clincher Road Wheelset

マヴィックでナローリムというと、ほかにも【キシリウムプロエグザリットSL】があります。

Mavic【マビック】Ksyrium Pro Exalith SL Clincher Road Wheelset

重量 F605g、R750g

ペア1355g

リムハイト F24mm、R26mm
スポーク素材 アルミ(ジクラル)
スポーク本数 F18,R20
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ
タイヤ イクシオン プロ

210g(25c)

こちらはリムにエグザリット加工が入っているため、リムが真っ黒です。
専用のシューと組み合わせることで、雨天時の制動力が落ちにくいのが特徴。
ただしシューが削れていくのが早いですが。

マヴィックのナローリムホイールもだんだんと在庫がなくなってきているようなので、欲しい人はラストチャンスかも!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up