TIMEがWhaTTfornowへ売却。フレーム部門だけでなく、ペダルなど全事業売却へ。

フレンチブランドのTIMEがロシニョールからWhaTTfornowへ売却されました。
以前からフレーム部門の経営危機がささやかれていましたが、ひとまずはWhaTTfornowへ売却で落ち着いたようです。

やはり気になるのは、今後どうなるの??というところだと思いますが。

現行の体制を維持

タイムの代理店、ポディウムからメッセージが出ています。

タイムの新しい1章がはじまります。自転車フレームとペダルの全事業を、夏までに、ロシニョール社からWhaTTfornow社に移行します。1986年に故ロラン・カタンが創業した真のイノベーションとテクノロジーを核心にもつタイムはフランス・ルミリーの旧サロモンスキー工場を新しいアドベンチャーのベースキャンプと定めます。プロジェクトはこれまで通り、すべてフランスで行なわれます。スタッフや製造拠点に変更はありません。製品供給にも一切の途切れはありません。
すでに次世代のフレーム開発にも取りかかっています。ルミリーの拠点には新たなRTM製造設備を導入し、さらなる技術革新を遂げます。

さらに日本市場では、この新たな旅立ちを記念して、来季からチーム・マトリックスパワータグへのフレーム供給を開始します。

タイムの次のステップにご期待ください。

https://www.podium.co.jp/news/3280

ロシニョールからもメッセージが出ています。
announcement_rossignol_group_time

これを見る限り、フレーム製造は今までどおりスロバキアの工場でRTM工法を堅持し、ペダルについてはロシニョールのフランスのヌヴェール工場で製造し、WhaTTfornow製ペダルとして売るということですかね。
もちろんブランド名が変わるのではなくて、TIME製品として売るということですが。

とりあえず、実質的にエンドユーザーから見て、何かが変わるわけでもないということですw
そして久々に、プロチームへTIMEが供給するということです。
チーム・マトリックスパワータグはUCIコンチネンタルチーム、Jプロツアーで走っているチーム。
日本でのTIME人気が高まるか、というところでしょうか。
まあ、高くてなかなか買えないんですけどね。

WhaTTfornowって何してる会社??

WhaTTfornowという会社が何者なのか?ですよね。

WhaTTfornowはE-BIKEを製造するフランスの会社で、創立は2016年とまだ新しい会社のよう。

https://www.whattfornow.com/fr/module/whatt/about

主にE-MTBを製造・販売しているようです。

なかなか個性的なデザインというか、シートチューブが極太で、何かを入れることが出来る??ということでしょうか。

とりあえず、何ら変わらない

TIMEはTIMEとしてブランドを維持して、生産体制も変更なし、親会社が変更というだけのようです。
なのでエンドユーザーには何ら影響がないということでいいかと。

どうでもいい話ですが、TIMEペダル愛好家としては、そろそろ専用のクリートカバーを製造して販売してください。
シマノのクリートカバーを加工するの、もう飽きました。

ちょっと前に、またクリートカバーを片方だけ無くしてしまったので、 TIME用クリートカバーを自作しました。 そろそろ...

まあ、クリートカバーなんて作ってもたいした儲けにはならんでしょうし、期待していませんが。