スポンサーリンク

チェーンリングがこんな壊れ方するかな…

blog
スポンサーリンク

ちょっと前にこちらで書いたインスタアカウントですが、

 

FC-R9200(12sデュラエースクランク)でも剥離して壊れた?
なんかちょっと前に12速デュラエースのクランクでも剥離事例がある…みたいな「X」が出回ったらしく、読者様から「あれはどこに元ネタがあるのだろ?」と質問を頂いていたのですが、たぶん下記でしょう。 インスタグラムで「Thanksshimano」...

 

シマノクランクの剥離をやたらアップしています。
アメリカ消費者製品安全委員会の話でも、シマノに報告があった分だけで剥離など破壊されたクランクは4519件もあるので探せばたくさんあるのでしょう。

シマノ、衝突の危険性があるため自転車用クランクセットをリコール

リコール日:
2023 年 9 月 21 日
単位:
約68万台(さらにカナダで8万台販売)

療法:
消費者は、2019 年 7 月 1 日より前に製造されたクランクセットの使用を直ちに中止し、シマノ正規ディーラーに連絡して無料のクランクセット検査を予約する必要があります。検査中にクランクセットに接着剥離または層間剥離の兆候が見られた消費者にのみ、無料で交換用のクランクセットと取り付けが提供されます。

事故/傷害:
同社はクランクセットの分離事故を4,519件受けており、骨折、関節の変位、裂傷を含む6件の負傷が報告されている。

 

Shimano Recalls Cranksets for Bicycles Due to Crash Hazard
Consumers should immediately stop using the cranksets manufactured before July 1, 2019, and contact an authorized Shiman...

ただまあ、チェーンリングが「外力無しで」こんな壊れ方するのかはだいぶ疑問。

落車などの外力が加わったわけではないみたいな書き込みがありますが、この場所を狙って金属バットでフルスイングでもしましたか?と聞きたくなるw

 

閑話休題…

 

クランク点検問題からショップ間の格差がどうとかまで話が発展してますが、シマノクランク問題って「目視のみ」の検査方法を「ショップに」託した時点で、ショップごとに検査体制に差が出ることは予想された話でしかない。
目視という一番曖昧で人力に頼った手段であれば検査者による差が出るのは当たり前。

 

そしてルーペやマイクロスコープなどを使ってより丁寧に見るショップと、単に見るだけのショップで差が出るのも当たり前だし、ユーザーがどちらを支持するかにしても予想されたことでしかない。

 

シマノクランクリコール問題と、ショップによる検査体制の違い。
シマノの11速デュラエース、アルテグラのクランクリコール問題については何度も書いてますが、 シマノからはディーラーズマニュアルが出されていて、これに基づいて検査するようにと指示されています。 マニュアルに基づいて検査すると40分とか一時間と...

 

そういう意味では、シマノが「目視のみ」を指示した時点で無理があった気がしますが、本当にこんな壊れ方するのか?と疑問に思う話もありますわな。

 

チェーンリングが外力無しでこんな壊れ方するのか?についてはだいぶ疑問です。


コメント

  1. 山中和彦 より:

    この壊れたチェーンリングをアップしてる人、自分のバイクでなく、壊れたシマノ部品の写真コレクターみたいですね。
    シマノに恨みでもあるのでしょうか。
    まぁ、よくこんなに集めてきたものです。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      敵意剥き出しの人もいますからねぇ…
      どうやって集めたのか気になります。

タイトルとURLをコピーしました