PVアクセスランキング にほんブログ村 当サイトはAmazonアソシエイト等各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
スポンサーリンク

このバイクに何の違反があるか?

blog
スポンサーリンク

わりとビックリするのですが、これ。

怪しい道路交通法が大量発生してますが、何の違反があるでしょうか?

 

答えはこれ。

(徐行すべき場所)
第四十二条 車両等は、道路標識等により徐行すべきことが指定されている道路の部分を通行する場合及び次に掲げるその他の場合においては、徐行しなければならない。
一 左右の見とおしがきかない交差点に入ろうとし、又は交差点内で左右の見とおしがきかない部分を通行しようとするとき(当該交差点において交通整理が行なわれている場合及び優先道路を通行している場合を除く。)。

優先道路とは交差点内にセンターラインがある場合(36条2項参照)。
優先道路がなく左右の見通しがきかない交差点なので、徐行義務(10キロ以下)。
横断歩道への減速接近義務(38条1項前段)もありますが、「停止できるような速度」は立証が難しい上に、徐行義務と被るのでこの場合は立証が容易な徐行義務違反(42条1号)を適用するかと。

 

そしてもう一つ。
この歩行者が「横断歩道の付近なのに横断歩道を使わなかったこと」が違反になるか?ですが、これと原理は同じ。

横断歩道がすぐ近くにあるのに、「横断歩道の付近」に当たらない特殊なケースとは!?
横断歩道もあるのに、なんちゅうスピードを出していたのですかね? 事故現場はこちら。 報道映像を見る限りでは、このあたりを横断していたのかなと思ってしまいますが、詳しい状況はわからないので事故の解説みたいなのはしません。 ほとんど知られていな...

すぐそばに横断歩道があったとしても、道路交通法上は「横断歩道の付近」には当たらない可能性が高い。
ホント、この解釈も知られてない…

 

以前挙げたけど、例えばこの交差点。

仮に歩行者がこの赤丸付近を横断中していた場合、「横断歩道の付近」に該当するのでしょうか?

答えは「わかりません」が正解。
なぜそうなるかというと、

①のケースについて、横断歩道を使った場合と使わなかった場合の「横断回数」に注目してみましょう。

横断歩道を使った場合 横断歩道を使わなかった場合
横断回数 3回 1回

道路交通法12条1項の「付近に横断歩道がある場合」とは、道路を横断する回数をなるべく減らすことから考えないといけなくて、実はこれ「横断歩道の付近」とは言えなくなります。
実際の判例から確認しましょう。

歩行者と右折車の衝突事故になります。
北側の横断歩道までは25m、南側の横断歩道までは20m。
どちらも距離としては「横断歩道の付近」になりますが、北側の横断歩道を基準にすると「道路交通法上は横断歩道の付近には該当しない」ことになる。

本件現場は、道路交通法12条1項にいう「横断歩道のある場所の附近」に該当するといえる(なお、北側の横断歩道は、被害者が南北道路を横断する前にいた南北道路の東側の歩道から西側の歩道に向かう横断歩道であるという点では、歩行者が横断しようとする道路にある横断歩道であるかのようであるが、本件現場が本件丁字路交差点の南側にあり、北側の交差点が本件丁字路交差点の北側にあることから、北側の横断歩道を横断すると、被害者が南北道路を横断して向かおうとしていた南北道路の西側とは、東西道路をはさんで反対側(東西道路の北側)に出てしまう(そこから三原市役所の駐車場に行くには、今度は東西道路の横断歩道を横断しなければならない。)のであるから、横断しようとする道路にある横断歩道には該当しないというべきであり、北側の横断歩道のみを基準にした場合は、本件事故現場は、道路交通法12条1項にいう「横断歩道のある場所の附近」に該当しないというべきである。)。したがって、本件事故現場において南北道路を横断しようとした被害者は、道路交通法12条1項の定める横断方法に違反した過失があるといえる。

 

名古屋地裁 平成21年9月11日

この歩行者は東西道路南側にある駐車場に行くために横断したわけ。
南側横断歩道を使う場合、横断回数は1回。

ところが北側横断歩道を使う場合、横断回数は2回になる。

「横断」という危険を伴う行為の回数をなるべく最小限にする趣旨との兼ね合いで「付近に横断歩道があるか?」を決めるため(野下解説、シグナル「普及版道路交通法」等)、下記は「付近に横断歩道がない」になりうるのよ。

なので動画中の歩行者が横断歩道を使ってない点は違反にならない可能性が高い。
そして余裕で停止できたので直前横断にもならない。

 

この外国人の方って以前メディアに取り上げられていた気がするけど、面白い表現で人気の方ですよね。
たぶん、この交差点に入る前に徐行義務があることに気がついてないのかなと思うけど、左右の見通しがきかない交差点の徐行義務もあまり知られてないですから…

 

そしてこういう道路の場合、徐行義務と減速接近義務が事実上同じになりますが、減速接近義務は立証が困難なので立証が容易な徐行義務違反を適用したほうが早い。

 

そもそも、減速接近義務違反(38条1項前段)と徐行義務違反(42条1号)って罰則が同じなのよね。

第百十九条 次の各号のいずれかに該当する者は、三月以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する。
五 第三十条(追越しを禁止する場所)、第三十三条(踏切の通過)第一項若しくは第二項、第三十八条(横断歩道等における歩行者等の優先)、第四十二条(徐行すべき場所)又は第四十三条(指定場所における一時停止)の規定の違反となるような行為をした者
3 過失により第一項第二号、第五号(第四十三条後段に係る部分を除く。)、第十四号、第十六号若しくは第十九号又は前項第二号の罪を犯した者は、十万円以下の罰金に処する。

38条1項前段の過失犯(横断しようとする歩行者がいないと軽信して漠然進行した過失により減速しなかった、119条3項)よりも、左右の見通しがきかない交差点だと認識しながら徐行しなかったこと(42条の故意犯、119条1項5号)のほうが罰則は重い。

 

この方がどうこうというのはさておいて、自分の運転に活かしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました