結局のところ、転がり抵抗の差は少ないのではないかと。

先日買いた記事の続きです。

いまやロードバイクのタイヤの標準は、25cがスタンダードになりました。 一昔前は23cが標準で、20cなんて変態チックなタイヤすらありまし...

前の記事でも書いたことですが、

いろんな人
いろんな人
太いタイヤのほうが、転がり抵抗は低いんだよ

この理論、ホント気持ち悪いなと思ってまして。
この理論を書いている場合、まず間違いなく前提条件がついてます。

同じ空気圧で比較した場合

23cと25cでは、25cのほうが適正空気圧が低いのはよく知られた事実。
なので【同じ空気圧で】という前提が付いた実験結果に、何の意味があるんだ??と前からずっと思ってました。

で、適正空気圧にして比較した転がり抵抗のデータがあるとのことで、教えていただきました。

バイシクルローリングレジスタンスより

転がり抵抗大手(?)のバイシクルローリングレジスタンスに、そのような実験があるそうです。

https://www.bicyclerollingresistance.com/specials/grand-prix-5000-comparison

これ、先に書いてしまいますが、バイシクルローリングレジスタンスの実験自体に、意味がないと見る向きもあります。
実走と実験室では、路面状況や荷重など違う、というのが一つの理論です。

なので、これが全てだとは思いませんが、このようなデータが出ています。

タイヤGP5000
タイヤサイズ23252832
チューブブチル100gブチル130g
タイヤドロップ3.2mm3.6mm3.9mm4.5mm
空気圧7.4Bar6.9Bar6.2Bar5.2Bar
転がり抵抗10.3W10.7W10.8W11.4W

https://www.bicyclerollingresistance.com/specials/grand-prix-5000-comparison

このデータでは、それぞれのタイヤサイズに応じた適正空気圧を入れて転がり抵抗を見ています。
これだと、23cが最も転がり抵抗が低い。

ちなみに、バイシクルローリングレジスタンスの実験では、全て同じ空気圧にした上での比較もしています。
その結果では、概ね定説となっている、

同じ空気圧であれば、太いほうが転がり抵抗が低い

だいたいこんな結果にはなってます。
ただしよく見てもらうとわかるように、32cタイヤに8.3Bar入れてみたり、23cタイヤに4.1Barしか入れてなかったり、実態とは掛け離れていいるといわざるを得ない。

結局は、何なのか?

太いほうが転がり抵抗が低いよね、というのは、どのタイヤサイズでも同じ空気圧で実験した場合です。
実走でのデータもあるといいのですが、見たことがありません。

で、転がり抵抗の本質は、ヒステリシスロス、つまりはタイヤが変形して変形が戻るまでの熱損失と言われます。

マヴィックのアプリによると、体重70キロ、バイク重量8キロ、クリンチャーの場合、最適空気圧はこのように出てきます。

前提条件フロント最適空気圧リア最適空気圧
タイヤ幅リム幅
23mm15c7.6Bar7.9Bar
25mm17c7Bar7.2Bar
25mm17c6.7Bar6.9Bar

転がり抵抗自体は、高圧の23cと、やや下げた25cでそれほど違いが出るとも思えないのですが。

で、なんでタイヤ幅が広がっているのかというと、ワイドリムということと、クッション性の問題のほうが大きいのではないでしょうか?
タイヤ幅を広げればエアボリュームが増えるので、クッション性は上がる。
その結果、路面の凹凸で跳ねる感覚も減る。

ワイドリムにより、ホイールの横剛性も上がっている。
ワイドリムとそれに合わせたタイヤ幅で、空力も上がる。

転がり抵抗の話というよりも、クッション性とか剛性とか空力とか、そっちの要素なんじゃないのかなと思うところです。

実態と合わないデータで、太いほうが転がり抵抗が低いという話、どうも気持ち悪いというか。

で、どっちがいいとかの話ではないので、好きなもの、使ってみて気持ちよく走れるものを使うのが一番です。