自転車に対し、27条【追いつかれた車両の譲る義務】を認めた判例。

堅苦しい話が続いていますが、一つの参考になるかと思いまして。

自転車の場合、道路交通法27条の【追いつかれた車両の義務】は適用外です。
これは刑事事件として取り締ま利される対象ではないというだけで、民事では認めた判例もあります。

これは前にも書いていることなんですが、 この記事、定期的に何を言いたいのかよくわからないコメントが来ます。 ...

事例

判例は名古屋地裁 令和元年8月2日判決です。
ちょっとわかりづらいですが、地裁ですが控訴審(第2審)。
一審が簡易裁判所だったのでしょう。

事案の概要です。
現場は片側1車線の道路で、原告はロードバイクに乗っていた。
被告は大型貨物車を走行し、大型車が先行するロードバイクに対して追い抜きをした。
その際に、ロードバイクが転倒してから大型車に接触する事故が起こり、原判決(1審)はロードバイク:大型車=35:65の過失割合を認定。

原告が不服を申し立て控訴したという事案です。

文章から画像にしてみました(画像は正確ではありませんのでご注意を)。

左車道幅が3.09m、左側には路側帯、道路右側には歩道がある。
路側帯のところには約6センチの段差(車道外側線から15センチ外側)があり、路側帯の先には蓋がない側溝あり。
センターラインははみ出し規制のイエローラインと、事故現場付近にはセンターライン上にセンターポールあり。
車道外側線の幅が20センチあり、外側線の外側15センチのところに高さ6センチの段差があるので、実質的な路側帯(段差~側溝の縁)までは45センチしかない。

事故現場は緩やかな左カーブで、3%の登り勾配。
曲線描くの苦手なので、直線化しているのでご了承ください。

ロードバイクが5台縦列で走行中に、後ろから大型車が【追い抜き】をしてきたという事案です。

ロードバイクが車道外側線から30センチ内側を走行中に、後ろから大型車が追い抜きをしてきた(大型車は時速35キロまで減速)。
併走状態になって危険だったので、ロードバイクが路側帯に退避したが、路側帯の中でバランスを崩して車道側に転倒。
轢かれるところまではいかなかったが、転倒時の怪我と、転倒して大型車に接触したという事案。

この事案ですが、判決文を見る限りでは争点うちの一つに【追いつかれた車両の義務を果たしたかどうか?】があります。

第1審被告は、原告車との間に安全な側方間隔を保持することができない状態で本件追い抜きを開始したのであるから、第1審被告には、安全運転義務違反の過失が認められる。
これに対し、第1審被告らは、被告車に追いつかれた原告車は道交法27条2項に基づいて避譲義務を負うところ、本件においては第1審原告に一時停止義務が課さられていたというべきであるから、第1審原告が一時停止義務に反して走行を続けていた以上は、同行の反対解釈により第1審被告が本件追い抜きを行うことも許され、第1審被告に過失はない旨主張する。
確かに、最高速度が高い車両に追いつかれ、かつ道路の中央との間にその追いついた車両が通行する十分な余地がない場合においては、追いつかれた車両に進路を譲らなければならない。(道交法27条2項)。しかしながら、追いつかれた車両が進路を譲る義務を負うのは、道路の左側部分に進路を譲る余地があることが前提であり、何らかの障害によって道路の左側端に寄ることができない場合には、本件外側線の幅約20cmを含めても80cmしかなく、本件路側帯の幅員から本件外側線の幅(約20cm)及び本件外側線の外側(左側)から本件段差までの幅(約15㎝)を除くと、側溝の縁の部分を含めて約45cmの幅しかないことを考慮すると、本件路側帯は自転車の走行には適さない状況であったと認められる。第1審原告は、前記1認定のとおり、被告車の接近に気付いて本件外側線場まで原告車を寄せており、さらに本来自転車の走行には適さない本件路側帯に進入することにより、被告車に進路を譲る義務を果たしているといえる。また、本件事故現場(上り勾配で、しかも緩やかに左にカーブしており、本件路側帯は本来自転車の走行には適さない状況であった)及び自転車は減速するとふらつく危険性があることなどを考慮すると、本件事故現場付近において、原告車が被告車に進路を譲るため、安全に一時停止することは困難であったと認められる。したがって、第1審原告が、道交法27条2項に基づく避譲義務の一環として一時停止義務を負うとは認められない。

結局のところ、安全に追い抜きするのに必要な側方間隔を維持できないのに追い抜きを開始した後続車の過失となっているのですが、判決文を読んでお分かりになるように、追いつかれた車両の義務を認めていることになります。

1審はロードバイク:車=35:65でしたが、控訴審では10:90になり確定です。
なお10%過失が付いた理由は、ロードバイクが路側帯の中で運転操作を誤った可能性を否定できないこととなっています。
ただしロードバイクが路側帯に行かざるを得ない状況に追い込んだことが大きな原因なので、それも加味して10:90という判決です。

刑事と民事の差

警察が違反として取り締まる場合には、自転車に対して27条を適用することはあり得ません。
しかし事故の民事訴訟では、このように27条の譲る義務を認めて、義務を果たしたかが争点になることもあるということです。

判決文を見ればわかると思いますが、争点の一つとして、追いつかれた車両の義務が成立するとしている。
その上で、道路状況からこれ以上退避する余裕なんてないよね?ということで義務を果たしたことになっている。

前に横断歩道と自転車の関係も書いてますが、

先日このような記事を書いたのですが、 記事でも書いたように、横断歩道=歩行者のためのもの、自転車横断帯=自転車...

刑事事件・行政処分としては成立しない件でも、事故が起きたときの過失としては見られることもあるということです。

前にこういう記事を書いていますが、

先日の記事について、 一部法解釈に間違いがありました。 前回の記事で私が書いたことは、 車両通行帯ある道路(複...

私の基本的な概念ですが、まずは法律上の正しい解釈をきちんと押さえます。
その上で安全に走行するにはどうしたらいいのかを考えるので、基本は譲る方向性を推奨してます。

まあ、あのツイッターの方だと、むしろこういうケースではブロックする方向なんでしょうけど、ブロックを強引に突破するように追越しされたときに、接触があれば先行車にも過失が大きくなる要素は当然あります。

過失割合というのは、事故った後の話。
事故らないようにどうするかを考えるべきですが、万が一事故ったときにどうなるのか?という観点では法律解釈も知っておいたほうがいいかと。