PVアクセスランキング にほんブログ村 当サイトはAmazonアソシエイト等各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
スポンサーリンク

デカイほうが効果的。

blog
スポンサーリンク

前から思っていたのですが、

自転車用リアライトって、光源の面積は小さい。
そのわりに明るい。

 

被視認性を高めるという意味では、光源の面積が大きいほうがいいんじゃないかと。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CENTURION Bikes(@centurionbikes)がシェアした投稿

クルマやオートバイのリアライトは、自転車用リアライトよりはるかに光源の面積は大きい。
この差は追突リスク軽減効果でみると、だいぶ違うような気がする。

 

現実的にデカイ自転車用リアライトなんてないから、複数のリアライトを使ってカバーすることも考えられるけど、自転車界にはデカイリアライトなんてないよね。
たまたまセンチュリオンのリアキャリア一体型リアライトをみて、こういうタイプのほうが被視認性が高そうな気がしたけど、どうなんだろうか。

 

わりとマジな話として、「自転車用リアライト ビックワン」みたいなモノを販売したら需要がありそうな気もするけど、チソコの話はしていません。


コメント

タイトルとURLをコピーしました