シュルシュル異音、犯人はお前か!

先日ロードバイクに乗っていた時のこと。
自宅まであと10キロあるかないかくらいから、なんか前輪がシュルシュル異音がするような気がしまして。

気のせいにも感じるし、シュルシュル音が鳴っているようにも感じるし。

気持ち悪いので一度停止して歩道に乗り上げて、チェックです。

正体不明なんですが

シュルシュル鳴っているのは走行中だけですし、ペダリングの有無に関係なく鳴っているような。
ダンシングとシッティングでは変化がないのと、明らかに前輪が何かに擦っているような音だと感じたので、速攻で前輪チェック。

こういうの、だいたいはタイヤになにか貼りついているとかそんなオチです。
タイヤをざっと見て、特に異常なし。

ちょっとバイクの前側を持ち上げたときに、フォーク付け根に謎の物体が貼りついている。

あまりにも気持ち悪いものだったので、鍵(キー)の先端で押してみたらボロンと取れた。

で、家に帰って再チェック。
何かが貼りついていた跡。

ボロンと落ちた物体はカサカサになった葉っぱみたいな感触でしたが、気持ち悪いので落ちたらあとはもういいや的な。

で、家に帰ってきてウェットティッシュで拭いたのですが、

なんか、こびりついた跡がそこそこ頑固で。
なんすかね、これ。
よくわかりませんが、走行中にタイヤが巻き上げて、フォーク付け根に貼りついたとか??

極小の異音でも

ちょっと前にも極小の異音がするような気がして、結局はタイヤに針金が刺さってました。

先日ロードバイクに乗ったときに、なんか微かな異音が前輪付近からする・・・ 状況から言うと、 ・ペダリングと同期しない ・音...

これ、よくパンクしなかったなとある意味で凄いんですが。
極小の異音でも見逃さないことが、大きな事故を防ぐコツ。

こういうの、音楽聞いて乗っている人とか、気が付けるんですかね?

ちょっとの異常でも、気が付いた時点で大きな異常が無いかの検証はしておいたほうがいいです。
正直、その場では分からないこともたぶんあるでしょうけど、最低限として、ヤバイ異常ではないことだけでも確認しておくというか。

前にも書いた内容ですが、 異音の特定は、結構難しいところです。 ホンキで分からない場合も。 異音特定の...

どうでもいいんですが、前に何かで見たんですが、ロードバイクに吹き流しかなんかを付けて走る??みたいな話を見て。
その行為に何の意味があるのかはわかりませんが(宗教?願い事?)、そんなもんを付けたら、信号待ちで停車中に垂れ下がって、下手すりゃ後輪に引っ掛かったまま発進して爆死するだろうよと・・・
しかも走行中にそれが外れて道路に落ちたら、後続車はタイヤに巻き込んで爆死しかねない。
テロかよ・・・と驚いたことがありまして。
安全意識が足りないというか、想像力の欠如なのかは知りませんが。
普通に考えれば落ちる可能性とか、垂れ下がって巻き込む可能性くらい分かりそうなもんですが・・・

道路って何が落ちているか分かりませんし、異物を踏まないよう100%防ぐ手段はないですが、道路って時々おかしなものが落ちていて、踏むと巻き込まれて爆死するものもあるので要注意です。

それこそビニール袋とかも、踏んだ瞬間にタイヤが巻き上げて、フォークとスポークで挟まって一気にロックする恐れも普通にある。
前にあったのですが、走行中に後輪がいきなりロックした感触がありまして。
即座に停止して確認したら、スプロケに何か挟まってました。

ちゃんとメンテナンスしていても、走行中に異物を巻き上げて、おかしなところに挟まる可能性も、超マレだけどゼロではない。
そしてそれが、おかしなところに絡まってホイールロックすることもゼロではない。

ちなみにスピードが出ている状態でいきなりロックした場合、下手するとこんな目に遭います。

これ、原因は不明ですが、たぶんクランクかリアホイールがロックしているような・・・
単なるチェーン落ちなのか、ほかの要因なのか?
わかりませんが。

チェーン落ちだとしたら、やっぱ普段から整備することって大切だなぁと思いますし。
異音は突然やってくる。
レース中だと降りてチェックするわけにいかないのかもしれませんが、普通にロングライドしている程度であれば、重大な事故につながる前にチェックしておいたほうが確実ですね。

ちなみにですが、フレームとかホイールとか拭くのに、やっぱこれいいですよ。

今、空前の泡洗車ブームなのかなと勝手に思っています。 泡洗車サービスの専門店も出来ているくらいですが、私自身は前にこれを使って泡洗車してま...

ちょっと高めのウェットティッシュですが、生地が柔らかくも丈夫なので、久々に自分の中でヒットしたもの。
洗車なんて、ウェットティッシュで十分なんですよ(駆動系を除く)。
わりとマジで。

ちなみにメンテナンスの重要性を教えてくれる話として、これを再掲しておきます。

ビアンキ事故って知ってますか? ビアンキ製のフロントサスペンションがついているクロスバイクが、走行中にフロントサスペンションのバネが破断し...

被害に遭われた方はお気の毒としか言いようが無いですが、メンテしていれば気が付けたかもしれないのかと。




コメント

  1. 湘南藤沢えのんくん より:

    私はいきなり膝にビシャっと何かがかかったので、鳥の糞が落ちてきたのかと思ったらなんとびっくりミミズだったことがあります。中身もぶちまけられていて膝がグロいことに。。。とりあえずすぐに歩道で洗い流しました(珍しくボトルの中身が麦茶だったのでべとべとにならずに済みました)。
    よく見てみるとフロントフォークの股(爆)にも2,3匹こびりついていました。ミミズが大量にいたところに突っ込んでタイヤにミミズがついたままフォークの股に来たと考えるのが自然なのかなと思いタイヤを見てみると、やっぱり何かかけらがこびりついていました。ちなみにタイヤはGP5000です。
    さすがに気持ち悪いのでコンビニ探してウェットティッシュを買って掃除しました。

    ちなみにこれからは銀杏を踏まないようにしないと帰った際にやばいことになりますよね。
    やはりこまめな点検や異音の原因探しは重要ですよね。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      ミミズって、降ってくるんですねw
      オフロードを走ったわけではないのでしょうけど、ミミズがフォークにこびりつくのはさすがに気持ち悪いですね・・・

      もしブレーキについていたら、ブレーキングで全体に死骸が残るのでしょうか・・・想像しただけでも気持ち悪い・・・